子連れたびブログ

2歳の子供との旅行やおでかけのこととか、日常のこととか。

〈子連れ旅行記〉子連れで沖縄に行ってきました

沖縄旅行

GWの超ハイシーズンに、沖縄へ家族旅行に行ってきました。途中娘が熱を出したり、車への拒否反応がすごかったりと少しドタバタしましたが、沖縄らしい空気を楽しめました!

1日目

那覇空港へ

娘は飛行機では寝てくれたのでゆったりと過ごすことができました。

11時ごろ発の飛行機で。那覇空港に着いたのは13時ごろ。そこから荷物を受け取り、ものすごい込み合うレンタカーで車を借りて、宿に着いた頃にはもう15時。 

遅いランチを食べに、富士家へ

独特な雰囲気のお店で、タコライスやぜんざいなどを食べることができます。

富士家

富士家

オリオンビールで乾杯~!普通のタコライスもありますが、富士家タコライスがナスが入っている和風の味付けもので、すごく美味しかったです。(こちらは写真を取り忘れ・・・)富士家ぜんざいは金時豆とかき氷、せんべいが付け合わせでくるのですが、素朴な甘さで美味しかった!

座敷と子供椅子があるので子連れにも優しいお店です。

富士家 泊本店
  • 住所:沖縄県那覇市泊2丁目10−9
  • 電話:098-869-4657
  • 営業時間:11:00~21:00
  • アクセス:美栄橋駅から651m
  • 定休日:年末年始

ニューパラダイス通りで素敵な公園を発見

そして、国際通りの方まで歩き、少しブラブラ。定番の牧志公設市場に行ったり、裏路地を歩いたり…

ニューパラダイス通りを歩いている時に気になる公園を発見したので行ってみました。後で調べてみたら「緑ヶ丘公園」とのこと。

ガジュマルがたくさん生えていて、広々とした気持ちの良い公園でした。遊具もあって、滑り台好きな娘は大喜びで遊んでいました。

緑ヶ丘公園

夜ご飯は沖縄の民謡や音楽が楽しめるお店へ

そして夜ごはんは、「あっぱりしゃん」という、沖縄料理が食べられるお店へ。

ゴーヤチャンプルーなど料理全て美味しかったですが、このお店の魅力はなんといってもオーナーがライブをしてくれること。

三線を弾きながら素敵な歌声を聞かせてくれます。お店のスタッフの方も楽器を演奏したり、掛け声をかけたり! お客さんはみんな食べるのを中断して皆集まって歌を聞いていました。

かけ声をかけたり、最後はみんなでカチャーシーを踊って、本当に楽しい夜になりました。

なにより娘も楽しそうにしてたのが嬉しかったです。

あっぱりしゃん
  • 住所:沖縄県那覇市久茂地3-23-8 2F
  • 電話:098-861-1112
  • 営業時間:17:30~翌1:00
  • アクセス:県庁前駅から207m
  • 定休日:無休

2日目

二日目のスタートは、まずおもろまちのあっぷるタウンへ。なんと娘のズボン+食事エプロンを一枚しか持ってきていないという失態に気付き、ベビザラスに駆け込んだのでした…ついでに飲み物なども調達しました。那覇泊はこれが便利ですね。

浜比嘉島へ!

浜比嘉島海中道路

そして向かったのは、那覇市内から1時間半ほどの浜比嘉島!本島と陸続きになっているため、車で行くことができる離島です。御嶽(うたき)と呼ばれる聖地があり島全体がパワースポットと呼ばれている島で、昔ながらの沖縄の集落の姿を見ることもできるのんびりとした場所です。海中道路ドライブが気持ちよかった!

ランチは島の中にある「てぃーぶらい」へ。

てぃーらぶい

良い雰囲気の古民家で定食を食べられます。人気店のようで、少し早めに行ったおかげで少し待ったぐらいで入れましたが、お店を出るころにはたくさんの人が待っていました。
夏に行く場合は熱中症対策が必要です。お汁とメインのおかず、ごはんの種類が選べる1,250円の定食にしました。全てが本当にすごく美味しかったです。こちらも座敷で、子供の椅子も貸してもらえるので助かりました。

てぃーらぶい
  • 住所:沖縄県うるま市勝連浜56
  • 電話:098-977-7688
  • 営業時間:11:00~16:00
  • 定休日:火曜日・第4水曜日

食後、 島内をぶらぶらしていると素敵なアクセサリーショップを発見。kainowaというお店で、沖縄の貝で作られたアクセサリーを販売されていました。

kainowa

何気なく立ち寄ったら、ご主人と奥様がなんと娘のためにお庭にティピとおままごとを出してくれました。本当に素敵なご夫婦で、ほっこりしました。

そして浜比嘉島を後にして、本当はもう少し先の伊計島に行く予定だったのですが、娘が「ぶーぶー、いや~!」と車拒否だったので、「あんまり車移動はしないでおこうか」と変更して最後に行く予定だったビオスの丘へ。

ビオスの丘

ビオスの丘

ビオスの丘は子連れにぴったりのスポットでした。ジャングルをクルーズしたり水牛車に乗れたりと沖縄らしい体験ができる他、アスレチックや水遊びができたり、蘭などの植物が楽しめたりと親子三世代で楽しめるスポットだと思います。
クルーズに乗ったのですが、現地のガイドさんのおしゃべりが楽しかったです。ベビーカーも載せられるので、赤ちゃん連れでも楽しめます。/p>

夜ご飯はサムズセーラーイン

那覇へ戻り、夜ごはんはずっと気になっていた超有名店・鉄板焼のサムズへ。シェフが目の前で塩胡椒の入れ物をくるくる回しながらかけるなどのパフォーマンスをしてくれたり、お肉や野菜を小さく切り分けてくれたり、子供が喜びそうなサメの形のマグのジュースがあったりと、子連れにぴったりのお店です。

ただこの時娘は眠かったようで、機嫌がむちゃくちゃ悪く、せっかくシェフが娘を喜ばそうとやってくれてるのに全然機嫌良くならなくて、、気まずかった・・・
そして結局寝ちゃったので、大人だけでゆっくり食べました。

(ステーキ自体はジャッキーの方が好みでしたが・・)

サムズセーラーイン
  • 住所:那覇市牧志3-1-3(国際通り沿い ハピナハななめ向かい)
  • 電話:098-918-0808
  • 営業時間:ランチ11:30~15:30 ディナー17:00~24:00
  • 定休日:年中無休

食後は少しだけやちむん通りをぶらつきました。素敵なお店いっぱいあったなあ。ゆっくり見たかったです。やちむんの素朴な感じがすごく好き。

そして帰宅。すると娘が発熱!あぁ恐れていたことが。。移動や気温で疲れたのかなあと可哀想に思いました。無理のないスケジュールにしましたが、子連れ旅行は難しい。ただ本人は元気だったので、様子を見ることに。

3日目

朝、熱はやっぱり下がらず、食欲もない娘。最終日はもう何もせず、帰るだけにしました。

15時ごろの飛行機でしたが、チェックアウトぎりぎりまで滞在して、そのまま空港へ。でもさすがにGWだったので空港も激混みで、荷物預けるのも一苦労。夫と「むしろどこか寄る余裕なんて無かったかもね〜」と話してました。そう考えるとやっぱりGWに旅行するのってソンだなぁ…

ランチは那覇空港の「レストラン風月」で。目当ての食堂は混んでいたので空いているところに飛び込んだんですが、そちらはそちらで飛行機の離発着を楽しめたのでよかったです。

娘がぐったりしていたのでかわいそうでした。家に着いた時は本当ほっとしました。

さいごに

やっぱり小さい子供を連れての旅行は色々と気を使わないといけないことが多いなぁと改めて感じました。でも素敵な景色や体験を通して、少しでもなにか娘に中に残るといいな。

とにかく沖縄は行けば行くたび好きになります。子供連れだとまた行く場所も変わるし、でもいついってもどこに行っても、沖縄の独特な空気感はほっとするしわくわくします。