子連れたびブログ

2歳の子供との旅行やおでかけのこととか、日常のこととか。

33歳病な今日この頃

最近、仕事と生き方のことばかり考えている。

「今後どのような働き方をしていこう」と、30代前半の今になって強く悩んでいる。

 

今は在宅でアルバイトで働いていて、子供が小さくましてこれから2人目が産まれてくることも考えると良い働き方なのかなと思うけど、もっと頑張りたい、と思う自分もいる。

 

人生一度きり、自分は何をすべきなのか。という疑問をなぜか今悶々と考えていて、「もっと高校とか大学とかせめて20代の時に真剣に考えていれば…」ってとても思う。

いや、常に何かしら悩んできたのだろうけど…

 

先日読んだ山田ズーニーの「おとなの進路教室」に「33歳病」のことが書いてあって、あーこれなのかなぁとも思った。

就職からおよそ10年たった33歳頃、多くの人が自分の中に育った何かが内から突き上げてきて、でも外にうまく出せなくて悩むそう。

おとなの進路教室。 (河出文庫)

おとなの進路教室。 (河出文庫)

 

 「なりたい職業名」×「マイテーマ」×「実現したい世界観」

なりたい職業はわかっているので、テーマと世界観、わたしも早く見つけなきゃ、と思うのです。

ちなみに感動的なとても良い本です。就活の前に読みたかったなぁ。